いつも造形遊びをお願いしている西村先生と下村先生(二人とも外部講師)に来て頂き、8月の造形遊びを行いました。
3〜5歳児が遊戯室に集まり、花火をテーマに大きなキャンバスに花火を描きました。
園児たちは汚れても構わないシャツに着替えたり、上半身裸になったりして、色々な色の絵具を使い、大きなキャンパス一杯に描きあげました。手足、胸、背中、顔に絵具を付けながらの大作が出来上がりました。完成した作品は、運動会の当日、会場の短大体育館に展示する予定です。
 短大1回生の学生は、昨日(29日)から始まった「保育基礎実習」の実習を行っています。その短大生が、絵具・筆・バケツなどの道具の準備やブルーシート・キャンバスなどを用意して会場作りを手伝ってくれました。
 ご指導頂いた西村先生・下村先生、お手伝いしてくれた短大生の皆様、有難うございました。

 付属幼稚園は「表現力豊かな子どもの育成」を目指しています。 
(2016.8.30)
  
 3〜5歳児 遊戯室にて 
ご指導頂いた西村先生と下村先生  上半身裸や汚れても構わない服を着て参加した園児たち
最初に、年長児ゆり組の園児たちが、花火の打ちあがる周りの景色を描きました
周りの風景として山並み、家並み、木々などを描いています
今回のテーマは「花火」 キャンパスの上に上がり、そのイメージを描きます。3歳児たちは初めて体験する園児もいます
こんな大きなキャンパスに描くのは初めてです
赤・青・黄・桃・緑色な絵の具と小さな筆、大きな筆で描きます
手に絵の具を塗って、手形を描きました
足の裏にも絵具を付けながら、先生が大きな絵筆を持って手伝ってくれました  完成した作品です。運動会の時、体育館に掲示する予定です
身体に絵の具が付きました。後で先生やお姉さん先生(学生)がやさしく洗ってくれるので安心です
 描き終わって、石鹸で身体に付いた絵具を洗い落しました
サポートする短大の実習生たち