10月21日(金)「人と自然の博物館」の移動博物館「ゆめはく号」が、子ども達に夢を乗せやって来ました。地質学研究の古谷 裕博士や昆虫共生研究の八木 剛博士など5人の先生方が同行され、化石や昆虫、子ども達が大好きな恐竜の話をして頂きました。特に地元丹波で見つかった恐竜「タンバティタニス」の話やアンモナイトのレプリカ作りを「めっちゃ面白かった」と言って大いに楽しんだ様子でした。これからも子ども達が、、ひょうごの自然・環境・文化にふれて郷土の良さを味わって行くことを期待しています。
 デジタル紙芝居、クイズ、化石のレプリカ作り、丹波の恐竜化石と触れる化石、ムシムシ体験、塗り絵など素晴らしい体験を提供頂いた「人と自然の博物館」の先生方、本当に有難うございました。 
 付属幼稚園は子ども達が、「豊かな感受性を養い、創造性豊かな子どもに育つこと」を目指しています    (2016.10.21)

 
移動博物館「ゆめはく号」に乗って、化石博士、昆虫博士の先生方に付属幼稚園来ていただきました
電子紙芝居「アンモくん」を見る園児たち アンモナイトに関するクイズに答える園児たち 
アンモナイトのレプリカ作り 最初に作り方を聞きました 材料の「おゆまる」を2本選ぶ
 ビーカーの中のお湯につけて柔らかくなった「おゆまる」  アンモナイトの型に「おゆまる」を詰め込む
 型に入れた「おゆまる」を水に入れて冷やす  出来上がったアンモナイトのレプリカをビニール袋に入れて持ち帰ります
 化石博士の古谷先生から恐竜のお話を聞く園児たち
化石の説明を聞いた後、本物の化石に触れて楽しむ園児
アンモナイトの化石に触れてみました
教室でアンモナイトの塗り絵を楽しみました
一方、外の「ゆめはく号」では、昆虫博士の八木先生から昆虫の話を聞きました  生きた蝶のさなぎを手にする園児たち
「ゆめはく号」の中の標本を見学する園児たち
 1・2歳児も移動博物館「ゆめはく号」を見学しました