「光の子として歩みなさい」
 キリスト教精神に基づき、子どもを神から委ねられた唯一無二の存在として尊重し、適切な教育環境のもと、幼児の心身の全面的な発達を図り、生涯にわたる人間形成の基礎を培うことを目的としています。
 自由遊びの時間を重視しつつ、健康な生活、交わりの生活、探求する生活、表現する生活などの内容を調和的に編成している。

  1.神をうやまい、人や自然を愛する心と正しい理解を育むこと
2.心身共に健康で明るく、素直な感性を養うこと
3.自分で考え、周りの人を理解し、いつも思いやりのある行動ができる態度を養うこと
4.身近な社会生活や日常の会話、絵本、物語等に親しむことを通じて、音楽や身体による表現、造形等に親しむ中で、豊かな感受性を養い、創造性豊かな子どもに育つこと
    
エラ・R・チャーチ女史
日ノ本学園の初代校長。

「米国婦人バプテスト外国伝道協会」の宣教師として1892年(明治25年)、単身来姫。市内五軒邸に女子ばかりの小さな私塾を開き、また下寺町に校舎兼宣教師館を建て、翌1893年2月11日に日の本女学校として開校した。
明治26年2月  姫路市下寺町に日の本女学校を開校する。
明治36年3月  高等女学校程度の許可を得る。
大正 7年2月  文部大臣の指定校許可を受ける。
昭和21年7月  財団法人日ノ本学園中学校の設立許可を受ける。
昭和23年3月  新制の中学校・高等学校となる。
昭和25年8月  学校法人日ノ本学園に組織変更。
昭和42年5月  附属音楽センターを開設。
昭和43年3月  高等学校に音楽科を新設する。
昭和49年1月  日ノ本学園短期大学(英語科・幼児教育科)設立許可を受ける。
昭和49年4月  短期大学開学。
昭和53年4月  日ノ本学園高等学校・中学校校舎を姫路市下寺町より神崎郡香寺町に全面移転
           する。
昭和53年4月  
短期大学付属幼稚園を設立する。
昭和58年4月  短期大学の幼児教育科に音楽コースを開設する。
昭和59年3月  短期大学の新学舎及びベテルホールを設置する。
平成元年7月   創立100周年記念第1期工事体育館、学生ホール完成する。
平成5年11月  学園創立100周年・短大創立20周年記念式典を挙行する。
平成9年4月   「姫路日ノ本短期大学」及び
「姫路日ノ本短期大学付属幼稚園」に校名変更 
平成11年4月  短期大学が男女共学となる。
平成6年6月   百周年記念館完成。
平成15年4月  短期大学幼児教育研究センターを設立する。
平成15年7月  日ノ本学園創立110周年記念式。
平成20年8月  園舎増築(年長児保育室完成)。
平成21年10月 付属幼稚園創立30周年記念行事「感謝礼拝」。
平成25年11月 園舎増築(乳幼児保育室完成)。
平成26年4月  幼稚園型認定こども園開設。
平成27年4月  幼保連携型の認定こども園に移行。