9月5日(火)、6日(水)の2日間、3歳児〜5歳児の園児たちは積木遊びを楽しみました。
「ほるぷ絵本館」の星野先生を始め2名の先生にWAKU−BLOCKと言われる5000個の積木を使ってのダイナミックな積木遊びをご指導頂きました。
4歳児「すみれ組」は、2班に分かれて、丸いコロシアム建設に挑戦しました。5歳児「ゆり組」は4人一組に別れて、四角形の積木、長方形の積木を積み上げた構造物を連結したお城やタワーなどのある街づくりに挑戦しました。
 このダイナミックな積木遊びを通じて、園児たちは、考える力(思考力)、創造力、想像力を養います。

 今年度もご指導頂いた「ほるぷ絵本館」の二名の先生方、有難うございました。
 (2017.9.6)
   

 4歳児「すみれ組」 
ほるぷ絵本館の星野先生はじめ2名の先生に積木の積み方を指導を受けて始めました すみれ組を2班に分けて、円形のコロシアム建設に挑戦
真四角な積木を使ってしっかりとした基礎を作っています
 建物の上の方は、長方形の積木を並べて作りました
皆でコロシアムの中に入る入口を作っています
積み上げた積木に当らないように、中に入りました 最後に短大実習生が中に入り、拍手で迎えました
 中で記念撮影をするすみれ組 今度は入口と反対側に出口を作りました
 その出口から、ゆっくり慎重に出ています  作ったコロシアムを下から積木を少しづつ取り除いています
 一方が崩れて残った建築構造物
 今度は積木入れの箱を基礎にして、丈夫な建物建設に取り組みました
色々な積木を組み合わせて、高く組み上げました
 建物の周りに、庭やプールを作って、それぞれの建物を道路でつなぎました 完成した街を皆で観賞しました