付属幼稚園は色々な遊びを取り入れて「遊び大好き・楽しい幼稚園」を目指しています。そのための1つとして短期大学の設備などを有効に利用して体育遊びを行い、心身共に健康で明るい子どもを育てています。
 5歳児は、継続して鉄棒と跳び箱飛びを行いました。4歳児は、マット運動「前回り」や鉄棒「足抜き回り」を行っています。
運動を通じて、全身の平衡感覚、逆さ感覚、遠心力や速度に対応した全身のバランスを養っています。運動会では保護者の皆様にその技を披露する予定です。  
(2017.9.12)

    
年中児「すみれ組」「たんぽぽ組」の体育遊び
先生からマット運動と鉄棒の指導を受ける年中児たち
2つのマットを使って、一人ひとり前方に回転、当初は先生に支えられていましたが、今は一人で行っています
上手く前転してポーズも決まっています
鉄棒、ぶら下がりダンゴ虫となって10秒間静止します 懸垂力を付けます
先生に支えられて「足抜き回り」の技に挑戦 手は絶対に鉄棒から離してはいけません
一人で上手く出来る園児たち 逆さ感覚を習得します
年長児「ゆり1組」「ゆり2組」の体育遊び
ゆり組は鉄棒の技を磨いています
跳び箱運動 3段跳び箱を飛んでいます
ジャンプして足も十分に開いて飛んでいます