平成28年度の年長児ゆり組の宿泊保育は、8月23日(火)〜24日(水)の2日間、予定通り行われました。昨年度より外部宿泊施設を利用しての宿泊保育であり、姫路市青山にある宿泊型児童館「星の子館」、姫路市科学館での体験学習をしました。
 第一日目の12:20に保護者に付き添われて遊戯室に46名の園児たちが元気に集まり、初めて友達と一緒に寝泊まりをする体験学習型の宿泊保育がスタートしました。最初にオリエンテーションが行われ、二日間の予定や注意することなどの説明を聞いた後、4つのチームに別れ、それぞれの担任の先生が紹介されました。保護者の見送りを受けて、幼稚園のバスに乗って、夢前川上流にある「山本鮎狩り場」に向かいました。そこでアユつかみや川遊びを行いました(アユつかみは、今年7月に予定していたが、降雨のため中止していました)。アユを捕まえる体験は、ほとんどの園児たちは初体験です。捕まえたアユを持って記念写真をとり、川遊びのあと、鮎狩り場のオジサンに塩焼してもらい、皆で食べました。その後、バスに乗り、宿泊施設の「星の子館」に向かい、夕食、スタッツ・ゲーム・お風呂チケットをもらおうなどを楽しんだ後、天体望遠鏡が設置されているドーム型建物で天体観測をしました。天気も良く、織姫星とドーナツ星雲を観測出来ました。
 二日目は、ラジオ体操、宝さがし、朝食を食べたあと、、隣りの姫路市科学館に徒歩移動。科学館は重いものを小さな力で運ぶ実験装置などがある「身のまわりの科学」のフロアーや宇宙の姿と原理をCGと実験装置で体験する「私たちの宇宙」のフロアー、地球と生命・郷土の自然を紹介する「地球と郷土の自然」のフロアーがあり、園児たちは、そこにある装置を使って体験学習を楽しみました。園児たちにとってはとても貴重な2日間の体験でした。

 付属幼稚園は心身ともに健康で明るい子どもの育成を目指しています。   (2016.8.23〜24)

 
第1日目 オリエンテーションとアユつかみ・川遊び
遊戯室に集まり園長先生のお話を聞きました 幼稚園バスに乗って夢前川上流の「山本鮎狩り場」に向かう園児たちを見送る保護者の皆様
ゆり1組とゆり2組に分かれて記念撮影
今年夏は降雨が少なく、川の水も少なくて温かい、簡単にアユがつかめました
初めての体験、手でアユの感覚を知りました
捕まえたアユを持って記念撮影
楽しみにしていた川遊び
水を掛け合って遊ぶ園児たち
人間飛行機、飛んで川の水に着陸 
園児たちが、川遊びをしている間、山本鮎狩場のオジサンが園児たちが捕まえたアユを塩焼きにしてくれました。それを食べる園児たち
新鮮で脂の乗った、少し塩辛く感じるアユでした