第3回親子学級は、平成28年6月10日(金)に開催されました。今回は日本バプテスト同盟「日ノ本教会」牧師の井上正之牧師による「キリスト教保育とは」と題して講話を頂きました。
 親子・家族・人間の絆の問題で、近年の特に言われている「親子のコミュニケーションの欠落」、「まなざしの希薄化」について、先生の講話を聞き、語り合いました。携帯・スマホ・ゲーム機・テレビなどメディアが発達した現代社会において、子どもたちが画像メディア漬けになり、子どもたちの豊かな感性が妨げられている問題を取り上げ、子どもたちの感性が完成する幼児期の過ごし方について、神様を感じること、友達とのふれあい、家族との語らいなどが豊かな感性を育て、将来の優しく、逞しい大人に成長する原動力になるとのお話を聞きました。
 講話後の意見交換会では、テレビの時間の与え方、父親の役割、兄弟姉妹のあり方、子どもたちに如何に感動するような体験をさせてやるのかなどの意見を交わし合いました。
 運営を担当されたPTA役員の皆様、ご参加頂いた保護者の皆様、講演頂いた井上先生、本当に有難うございました。感謝申し上げます。   (2016.6.10)

 
第3回親子学級 百周年記念会館会議室にて開かれました PTA役員による司会で始まりました
小さな子どもを遊ばせながらもお話を聞かれている保護者の皆様  質疑応答 子育ての悩みなどを話合いました
意見交換会の様子
意見交換会の様子