付属幼稚園では、一学期の終業式を終えたのち、夏期保育が始まっています。年長児のゆり組の園児たちは、夏休みの7月20日〜21日の2日間、姫路市宿泊型児童館「星の子館」で宿泊保育を経験しました。
 8月に入り猛暑日が続いていますが、園児たちは元気に室内遊び、プール遊び、園庭遊びなどをして過ごしましたす。8月25日(金)が登園日となっていますので、全園児たちが元気に幼稚園に帰って来ることを願っています。
 みんな、8月の夏休み、それぞれに楽しく過ごしてください。     (2015.8.3)
   
夏期保育 年中児たちの様子
朝の礼拝
朝の礼拝が終わったあと、「メダカの学校」「きっと明日は良い天気」「海」などの歌を歌って楽しんでいます
 新聞紙遊び 細かく手で切って紙屑を作ります
その紙屑を丸めて、紙花火を上げました
 今度はその紙屑を集めて、誰かの上布団にしました。その上布団に入っていたのは金澤先生でした
 「カッパの子」遊びをする「すみれ組」
奥野先生が「積み合わせは話」をしてくれました
一節で書いた絵を使ってお話を進めました
午前中、プール遊びを楽しむ年中児たち
夏期保育 1・2歳児の様子
1・2歳児のプール遊びは、専用の園庭に設置されたプールで楽しんでいます
 水鉄砲・ジョロ・魚・ボールすくいなどの道具を使って遊んでいます