土曜日に希望者のみの音楽表現教室と造形表現教室の二つの「土曜子ども表現教室」を開いています。
音楽表現教室は、友達や親と共に歌ったり演奏したりして音楽をする喜びを感じながら、きれいな音、正しいリズムを体で覚えています。造形表現教室は、子どもが感じたもの見たものを率直に絵に描いたり、色々なものを制作することを、友だちや保護者と一緒に行っています。月2回開催され、それぞれ福本先生、三木先生にご指導をお願いしています。造形表現教室は夏休みなど、外部に出かけて、動物・植物・風景などを描くときもあります。
 尚、現代社会は「自ら考える余地」が狭くなったと言う大きな問題があります。親にとって大切なのは、子どもが、「自分で考える力」や「生み出す力」を育んであげることで、そのために必要なのが「心を育てる」教育つまり情操教育と言われています。
 「自然に触れる」「生き物を飼う」「植物を育てる」「絵を描く」「博物館・科学館に行く」「スポーツする」「絵本に親しむ」「音楽に親しむ」などが豊かな心を育てることに通じます。付属幼稚園では、子どもたちに、心に響くような体験をたくさんさせてあげること、そんな体験の一つひとつが、子どもたちに気付きを与え、考えるきっかけになり、創造力や知的好奇心が育まれて行くと考え、日頃の保育・教育を行っています。
土曜子ども表現教室は、希望者のみの参加教室ですが、そのような考えに沿って企画された教室です。ご参加されたい方、興味を持っておられる方は、付属幼稚園にお問い合わせ下さい。
 電話番号 079(232)4934    (2016.7.16)

 
平成28年度 音楽表現教室
色々な楽器を使って、楽しみながら音楽で表現する力を付けています
ボンゴを使って「トマト」「パン」「ヨーグルト」など生活の場にあるものを表現しています
それぞれが表現したり、みんなで一緒に表現しています
「海(海は広いな大きいな)」を歌いながら、布の中にピンポン玉を入れて、大きな波を表現しています
「スプリングドラム」「バードコール」などの楽器を使って、子どもたちに興味を持ってもらい音楽に親しんでいます
 

平成28年度 造形表現教室
在園児や卒園児たちが、折り紙、クレヨン、水彩絵具などを使って表現する力を養っています
今日は、園児たちは子鳥を描きました
クレヨンで小鳥の目や足を、絵具で小鳥が止まる木と葉っぱを描きました
卒園児たちは、消防士の消火活動や自画像を描いています
子どもたちが表現した作品です